【ブラジルサッカー部門】ブラジルサッカーへの強い情熱で旅立った高校2年生

【COJBが考えるブラジルサッカー留学】

COJBブラジルサッカー部門は設立して25年になりますが、

これからも尚、真剣にブラジルでプロ契約し、プロの世界で活躍したい、という日本人選手を、サポートする立場で、コーディネーターとして更なる飛躍をしなくてはなりません。

その上で、実際に体験しているメンバーの意見は貴重になります。コロナウィルスの関係で、日本からブラジルに選手を派遣することを2年間ストップしていましたが、2021年10月から再始動となり、改めて、良いものを確立して行きたいと思っております。

現地スタッフにも、現地のコーディネーターという立場で大きな参考になると思います。

勿論、意見の内容によっては、受け入れが可能な事柄、またその逆もあります。また、直ぐにでも改善可能な事柄とやりながら改善しなくてはならない事柄もあります。

しかし、全ての目的は、日本人選手のブラジルでの成功にあります。COJBの最大のコーディネーターとしての目標はブラジル→ヨーロッパ→日本代表(日本クラブへの逆輸入)であります。

COJBは25年間で、ブラジルだけでも無名な日本人選手を鍛え上げて、16名プロデビューさせて来ましたが、トップレベルのクラブでプロデビューはまださせていません。これは容易なことではないです。しかし、

ここに、拘るのも、私自身がかつて、全国リーグセリエAの選手であったものの、ビザ取得関係、監督の日本人に対する偏見など、サッカー以外の壁も多く、1人ではどうすることも出来ない問題が沢山あることを実体験してきているため、これからの日本人選手には、サッカー以外の面での障害を限り無くなくし、サッカーそのものだけに集中させてあげて、実力をつけて貰いたい。そのような思いがあるからです。ヨーロッパだけでなく、ブラジルで成功する、無名な日本人選手をブレイクさせたい。この思いが強くあります。

ブラジルサッカー留学50年以上の歴史がある中で、COJBは、他に類を見ない成果と、実績を挙げてはいるものの、そこに比較しても、意味のないものだと思っています。変わらずの目標は、前述したものになります。

今回は、10月にブラジルに向かった、東京出身の高校生に現地の様子を報告して貰いました。

この選手の場合は、ブラジルに到着して間もなく、現地にフィットし、充実したブラジル生活を満喫しています。

現在は、高校在学2年生なため、本人が学校にお願いして、1ヶ月の休学をしてまで、念願であったブラジルサッカーの体験をするために出発しました。とはいえ、まだコロナ警戒期間です。出国時には空港でPCR検査を受け、現地では隔離生活はないものの、帰国時には、再度PCR検査を空港で受けて、日本到着時には、まず6日間のホテル隔離生活、陰性の場合は、自宅隔離でもう1週間。通常の日本での生活ができるのは帰国2週間後ということもありながら、1ヶ月ブラジルに向かった、ブラジルサッカーへの情熱と覚悟は、敬意に値します。

そのような選手に以下の質問を投げかけてみました。

◯現地スタッフの対応◯日本側スタッフの対応◯食事面◯チーム、選手レベル◯問題点◯改善点◯治安面◯ブラジル人との相性◯選手自身、どうして行けば目標に近づくことが出来るか?

○現地スタッフの対応は全く悪くないです。「欲しいものはすぐに言って」言ったらすぐ対応してくれますし自分がブラジルでサッカーに集中できるようにしてくれてると思います。

○日本側のスタッフの対応

日本側でも現地スタッフと変わらず悪くないです。必要な情報はすべて教えてくれましたし、僕から質問しなかったことも気にして質問してくれたところなどなどあってすごくありがたかったです。

○食事面

食事面では自分は全く問題なく毎日美味しご飯を朝昼晩と食べさせてもらっています。これはブラジルだけでなく他の国も人によることがあるのでわからないです。

○チーム・選手レベル

チーム・選手のレベルは間違いなく自分の技術などを磨くには間違いなくいいチーム・選手レベルだと思います。まずブラジルの国柄すぐに溶け込めて言葉が分からなくても集中できてサッカーができるからです。もちろん僕もその選手レベルに負けてないと思っているし負けてはならないと思っています。

もっと上に行きたいです。でもすごくやりがいのあるチームであることは間違いないです!

○問題点

問題点はすっごく考えたんですけど言葉の問題と一番大きいのは文化の問題です。自分は前からブラジルが大好きだったので携帯などなどでブラジルに触れることがすごく多かったのであまり問題はなかったです。サッカー面は本当に人それぞれだと思います。

○改善点

文化のことだったりは、事前にいっぱい調べて少しでも多くブラジルに触れることをした方がいいと思います。

○治安面

治安面は悪いところに行けば悪いですが思う以上に悪くないです優しい人ばかりです。

○ブラジル人との相性

ブラジル人は本当に楽しい人ばかりで、にぎやかで日本とは真逆です。すぐに輪の中に入れてくれます!自分は日本ではにぎやかなことが少ないのであまりオープンに接していませんがブラジルに来て言葉がもっと喋れればみんなと笑い合えるくらいのムードメーカー的要素はあるので相性はすごくいいと思います。言葉がわからなくても少しわかることがあったり面白いことがあったらみんなで笑い合って楽しいです!

○自身、どうして行けば目標に近づくことができるか

積極性を忘れないことです。自分はできるそれはいっぱいあります例えば自分は他の人と違うんだ、ということだったりアピールすることチャレンジすることなどです。メンタルもものすごく必要だと思いますそれも積極性につながってくると思います。メンタルがしっかりしている人は試合でもどんな状況でもいい状態でプレーできます。人より努力することは最低限で内心・気持ちがすごく大事で目標に近づく大事なことです。

東京都出身 高校2年生 唐澤君
右から4番目。U17、U20、1つのクラブだけでなくいくつかのクラブで色々なタイプの選手とプレーしている。

関連記事

  1. 【育成日記】やはり個々に武器をつくらないと!!

  2. 【育成日記】無駄なボールタッチを減らすこと

  3. 【育成日記】道徳の時間

  4. 【育成日記】テスト休み明けのカップ戦

  5. 【育成日記】3期生 吉野裕太郎 Jリーグ第2節でデビューしま…

  6. 【育成日記】日本の育成の問題点&Jr.ユース新規1…