【育成ブログ/もっと熱くやろうぜ!!】飛躍して伸びる人とは?

元日本代表 鈴木氏のGK指導

先日のJrユースの練習、
GKメンバーには、またと無い機会があったと思う。

元日本代表のGKから、直接指導して頂いたのだから。
いくつかのアドバイスの言葉に、何個も、
大切な要点があった。

今日は、現役大学生OBGKコーチ、ケンも、参加してくれたので、GKとしては、この上ない、学びの機会だったと思う。

巧くなる選手って、観察力が凄い。

アンテナを常に張っている感じだ。

気になった選手のプレーは勿論、
歩き方、しぐさまで、観察し、真似てみる。
成りきるというか…。

家のGK、FP含め、まだまだマイワールドだな。
やはり、アンテナが足りなすぎる。

GKを始めた年数なんて、この際、関係ない。

観察力や、それを重ねる努力があれば、
短期間で、急に成長するものだ。

今日も、GK2人、ケンコーチにアドバイスされていたこと、普段、我々コーチに言われて来たことと同じことや、それ以上にGKの細かい部分のアドバイスを、鈴木氏に、指導されていた。

普段と同じことを、重ね重ね指摘されている。

身長は急に伸びないでしょ?
今、君達に出来ることは何?

声は出せないか?

よく、シュート撃たれたGKが、
「おい!シュート撃たれるなよ!」って、FPに文句言ってるシーンを見かける。

撃たれた結果論をFPに指摘する前に、
責任感が強いGKならば、事前にシュートを撃たれる前、いや、前の前に、FPを言葉で後方から指示するもんと考える。

結果論ならば、誰でも指摘出来るからだ。

出来ることなら、GKの後方からのコーチングで、なるべく自陣に、相手を寄せ付けないこと。

確かに、ファインセーブは、格好が良いが、
出来れば、GKのセーブをする必要がない状況を、GK自らが、FPを上手く動かして、相手陣内に、追いやっていれば、失点リスクは、劇的に減る。

FP出身で、GKコーチも兼任している僕でも、
専門GKには、到底叶わない。
本気で、やって来た選手ならば、尚更のこと。

自分も、多くのGKや、GKコーチと仕事をさせて貰った経験はあるけれど、GKは、やはり特殊だ。

家のメンバーだけでなく、全ての育成年代のGKにこのような機会があれば、素晴らしい。

GK、FP関係なく、巧くなりたい選手は、
観察力を持って、自分のものにして貰いたい。

関連記事

  1. 【スクール生募集】世界基準の基礎技術をU12年代で身につける…

  2. 【特別スクール生募集】実戦で役に立つ基礎が習得が可能な教室で…

  3. 【育成日記】悔しさを、厳しさに変えて戦うことの意味

  4. 【遠征7日目】交流

  5. 【Jrユース】練習参加型セレクション選手募集!!日程追加しま…

  6. 【OB情報】やっぱり、チーム成績より、本人の志し次第かも?