【ブログ/もっと熱くならないか!!】海外で養うべきもの

海外で生き抜いて行くには?

日本人の遠慮がちなスタイルは捨てて、
逆に図太く生きて行かないと損をしてしまうときが多々ある。

「言葉が通じないから…」と、遠慮してたら、現地人からは『この日本人は何も言わないから、これで良いのだろう』と思われる。

マイペースを作る。

郷にいっては郷にしたがえ

という言葉はあるけれど、それとはちょっと違う。

言わなければ、相手のペースで事は進む。
それで良いなら問題ないが、そのことで、
問題が生じるならば、片言でも、相手に何とか自分の気持ち、意思を伝えるべき。

相手に理解してもらえば、それが自信になる。

言葉が解る人を呼んで、解決すれば、
その場は凌げるが、自らの経験にはならない。

人を介して理解して貰うのと、自らが直接チャレンジして理解して貰うのとでは、後に全然、経験が違う。

海外で生き抜いていくということは、
自らが、どこに行っても、マイペースは作らないと、人の思い通りになるだけ。

控え目な日本人は、時に、好かれる良さはあるけれど、いざとなった時に、損をするマイナスな面もある。

通訳を雇っているから…と、すべて通訳に頼れば、人と人との通じ合いは、不足する。

海外で生きるには、逞しさが養われる。

通じないから、通じるよう努力する

その気持ちが、どこかで相手に伝わる。

人を頼るべき時もある。しかし、頼るべき時を間違えると、自分の成長の糧にならない時があることを頭に入れておくべきだと思う。

関連記事

  1. 【育成日記】日本サッカーの育成の問題点①

  2. 【育成日記】道徳の時間

  3. 【育成日記】悔しさを、厳しさに変えて戦うことの意味

  4. 【Jr.ユース】ゴールキーパー募集中!!素人でも構いません。…

  5. 【ブログ/もっと熱くならないか!!】トレセン

  6. 【育成日記】やはり個々に武器をつくらないと!!