【ブログ/もっと熱くならないか!!】ちょっと考え方を変えたら、誰でも成長出来る。

「俺は頑張ってるのに評価してもらえない」

それは自分が評価するのではない。
人がどう見るか?だ。

それを、日頃の自らの行動で人に映し出している。それを人が評価するものだ。

「認めて貰えない」からと、それで腐ったら成長はその時点で止まる。

「俺は悪くない、あいつが悪い」

人に責任を押し付ける。
人に責任を押し付けた瞬間に、
自分の成長は止まる。
自分はどうだったのか?を考えなくなるからだ。

サッカーで例えるならば、
俺のミスじゃない、あいつが下手だから負けた。

本当に良い選手は、勝たせることが出来なかった自分を責め反省し、次に繋げるものだ。
決して人の責任にはしない。

そう言う選手は、「あいつがミスしたから負けた」とはならない「どうしたらチームを勝たせることが出来るか?」を考える。

だから、「なんで評価してくれないんだ!」にならず「まだまだ足りないんだな、何かが…」と自分に言い聞かせ、また努力する。

悩むは悩むが、結局は、いつも前向きだ。

成長しない人は、自分の未熟さを認めず、棚に置き、人の粗探しをし始める。
そして攻撃する。

育成年代から、このような姿勢を身に付けたら、自分の周りも、そのような考え方の人間も増え、互いに成長することが出来る。

状況が苦しくなった時は、人の素が出やすい。

この夏とか、本当に寒い冬が特に出る。

その時大変だが、自分を知るきっかけにもなる。

育成年代から、人に責任を押し付ける人は、
社会人になる前に、気付く、気づかされる環境に巡り会わなかった人は、社会人になっても、同じことをしてしまう。

仲間が苦しんでいても、その痛みも感じないし、仕事でミスをすると、ミスした人を責め、攻撃する。

育成年代で、そのことを学び、成長して欲しい。

サッカーでも十分学べるものだ。

関連記事

  1. 【育成日記】中学生年代の進路の大切さ

  2. 【育成日記/小学生編】もっと自分を出さんと!!

  3. 【jr.ユース新規メンバー追加募集のご案内】部活に入る予定が…

  4. 【練習参加型セレクションのご案内】セレクション不合格になった…

  5. 【育成ブログ/もっと熱くならないか!!】白熱、体育館練習

  6. 【育成日記】逞しく生きる