【育成日記】巧さの違い

ボール扱いが巧いのと、実戦で巧いのとでは意味が全く違う。

ボール扱いが卓越しているのは、越したことはない。無いよりあった方がいい。でも、サッカーはあくまでも人をつけてどれぐらい出来るか?が大切だし、

フルの広いコートで、そのボール扱いがどれぐらい使えるかが試される。

単純にリフティングが得意な人=実戦も巧いにはならない。

ボールを器用に扱い、曲芸師のようなフェイントを繰り出せても、試合でそれが活きなければそれはただのパフォーマーになってしまう。

卓越したボールさばき、例えば、ホナウズィーニョや、ネイマールのように、あのフルサイズの実戦で、活かしてしまえる選手は本当に稀な存在。

ただ、2人の共通点は、そのテクニックが主体ではなく、常に、ゴールに向かったプレーで、相手に取っては常に脅威であり、ゴールを脅かすための手段。

派手なプレーはないが、1つ1つ正確な技術がある人はやはり巧い。

日本ではピッチ外や相手のいない所で巧い、器用な人は多いが、実際に試合になると、そうでない人が多い。巧さをはき違えてしまっている可能性がある。

また、本当のプレッシャーの中でそれが出来れば素晴らしいが、厳しくなるとそのテクニックが活きないならば、ボール扱いは巧くても、サッカーが巧いとは言えない。

相手のゴールを目指して、よりシンプルに無駄がないプレーヤーが巧い。

すくなくとも、海外ではそのような選手の評価は高い。

関連記事

  1. 【育成日記】サッカーを上達させて行くには、精神面の向上が急務…

  2. 【Jr.ユース情報】新GKコーチ就任のお知らせです!!

  3. 【遠征4日目】生活指導

  4. 【遠征7日目】交流

  5. 【育成日記】育成の問題点~地域編~ジュニア、Jr.ユースで技…

  6. 【Jr.ユース新規追加セレクション及び体験練習会のご案内】G…