【育成日記】OBプロから学ぶもの

3月20日、YSCC×松本山雅、第2節がニッパツであり、昨年から、COJBのOB同士の対決を、楽しみにしていたのだけれど、不運なことに、YSCCのユウタロウの開幕前の怪我で、実現は叶わなかったものの、
Jr.ユースのメンバーも、先輩達の姿を観て、
勉強になることが、多々あったと思う。
松本のタイキは前節同様にDFで、スタメンフル出場し、昨年のJ2での経験も、今期に繋がり、安定したプレーを見せた。

何と言っても、OBの2人に、感心したのは、
ユウタロウも松葉杖をつきながら、試合のハーフタイムや、試合後も、ファンや関係者1人1人に丁寧に応対していること。

プレーでの活躍云々も大切だけど、
このことが、なにより誇りかな。
また、後進に対する「諦めないでやれば、夢は叶う」ことを体現して、伝えていることは、素晴らしいと思う。

2人は、後輩へのメッセージを頼むと、対応が早い。これだけを取っても、自分達の立場が、どれぐらい、多くの人達に影響を与えるか?を心得ていることが窺える。

「周囲に支えて頂いている」という気持ちが無ければ中々出来るものではないからね。

サポーターあってのプロ。これは、プロ選手ならば、当たり前の精神なのだけど、いつしか、売れるようになると、忘れて行くんだよね、原点を。

原点を忘れず、謙虚な姿勢で、キャリアを積んで欲しいね。

YSCCユウタロウと松本山雅のタイキとJr.ユース同期の仲間達と。

関連記事

  1. 【スクール生Jr.ユースメンバー募集】GK特別練習も開始して…

  2. 【Jr.ユース】スカウト式練習会のご案内です。当クラブで精神…

  3. 【ブラジル遠征2日目】初戦

  4. 【育成日記】3期生 吉野裕太郎 Jリーグ第2節でデビューしま…

  5. 【育成日記】日本サッカーの育成の問題点①

  6. 【育成日記】負け試合でも、ハートに残る試合がある