【ブログ/もっと熱くならないか!】なぜ、高校サッカーが終着点になるの?

高校選手権で、燃え尽きちゃうのかね?

ということは、今ではジュニア→ジュニアユースクラブという進路は、当たり前みたいになってるけど、これは、あくまでも、高校選手権を目指すための予備軍育成ということになるのかな?

Jr.ユースクラブ、神奈川県もどんどん増えてる。

「部活よりクラブチームでしょ」

それは、解らないことはない。

しかし、なんのために、部活にしないで、わざわざクラブチームを選択するのかな?

高校サッカーで強豪高校に行きたいから?

Jユースからスカウトされるため?

高校選手権に出たいから?

部活から高校に入り選手権に出てる人、割りといるし、

神奈川県でも、二次予選常連高校に、
部活出身選手いるし、しっかりポジション奪いスタメンで出場している人も割りといる。

なんのために、クラブチーム入るの?

部活→高校
クラブチーム→高校

結局、行き着くところ一緒だと思うのだけどね。

高校サッカー→引退

ならば、クラブチームを選択した人が、
部活出身選手と同じ終着点じゃどうなのかな?っていつも思っちゃうんだよ。

トレセンの趣旨

「将来の日の丸を背負える選手の発掘」

この趣旨に沿うならば、
高校で燃え尽きたらダメなんじゃないかな?むしろ、そこからが勝負だよ。

また、燃え尽きないように、指導するのが、Jr.ユースの指導者のやるべき役割の1つだと思う。

もちろん、中学生が学ぶこと、クラブチームで学ぶことはサッカーだけではないことは、1万も承知。

強豪高校に入るために、強豪Jr.ユースに入る。
でも、実際入ったけど、3年間、メガフォン組だった、だから、高校でサッカーは終わり。

強豪Jr.ユースクラブ、強豪高校、
スタメン、選手権出場達成、しかし、Jリーグクラブからオファー無し、達成感がピークに達し、終着点。

一昔と違い、プロ入り狙うクラブ、全国に増えてるんだよね。

なんで、辞めちゃうのかね?
なんで、諦めるのかね?

諦める、区切りをつける人が沢山いるから、チャンスは拡がるんだけどな。

これね、結局、どこに繋がってしまうかと言うと、日本代表の選手層の厚みに、影響でる。

上で競争する人が、圧倒的に、
サッカー先進国より少なくなるから。

だって大半が高校サッカーで燃え尽きちゃうんだからね。

そんな根本も気付かないで、
日本代表の結果だけを見て「日本、中々世界のトップ10に入れないね?」って。

当たり前でしょ。

入れる訳ない。

関連記事

  1. 【育成日記】全ては、取り組む姿勢次第だ!!

  2. 【Jr.ユース】11期卒団おめでとう!

  3. 【育成日記】まず、ちゃんと蹴る、止めれないとね!

  4. 【育成ブログ/もっと熱くならないか!!】心が素直でない人間は…

  5. 【もっと熱くならないか!!】中学生年代のサッカーを通じた人間…

  6. 【もっと熱くならないか!】道徳の授業になった日