【ブログ/もっと熱くならないか!!】サッカーに絶対はないが、絶対にならないための根拠が必要なんだ。

16日が本番だから15日までが、本当の準備。

クラブユース選手権神奈川県大会が16日に控えている。

これは、サッカーの試合を楽しむ、ジャイキリを期待するとか、

そのような類のレベルではないかも知れない。

何を見たいか?

メンバーの当日、キックオフの笛が鳴った時の精神状態かな。

ビビッてあれやこれやという間に・・・・か、

「えっ、小さい体に鞭打って奮起してるじゃん」になるかだ。

「サッカーに絶対はない!!」といつも指導しているけど、それを言える根拠がなくてはならない。

対戦相手は湘南ベルマーレWESTだからだ。

10年前にリーグで対戦したきり、対戦する機会も訪れず今回に至る。

実はその時は3-0で完封したと言っても過言ではない。

あまり、こう書きたくないけれど、完封させて貰った。

現在、Jリーグで戦う宮部の年代だ。

しかし、正直、宮部の年代も、強くなかった。クラブユース、高円宮杯、いずれも1回戦負けだから。

今のメンバーと違うのは、ほぼ全員が中3ということかな。

普通のレベルなメンバーは正直、宮部筆頭に数名。

だから、今のメンバーと変わらないと思う。

ただ、サプライズを起こすには根拠があるもの。

この年代、中3が揃っていたとは言え、あまりにも怪我とか、何か理由をつけては、練習を休み、ベストなメンバーで、毎日練習した記憶がなく、下のリーグに降格した記憶は今でも忘れない。

以前やってもらっていた、若手のコーチにそれまで指揮を執って貰っていたのだけれど、あまりにも勝てないので、我慢が出来なくなり、自分が責任を取り、メンバーの指揮を執ることを決意したこことも今でも憶えている。

精神面の弱さが露呈していたのが判っていたので、とにかく原点に戻り走らせた。長距離系、短距離系、ジャンプ系、とにかく血反吐が出るまで走って貰った。

同チームは、J下部なので、綺麗にパスを回してくるのは予想できた。

試合会場は、桐光学園高校の人工芝G。

人工芝グランドなんて、COJBに取ってはアウエーグランドも同然だ。

逆に相手に取っては、やり慣れているホームグランドみたいなもの。

とにかくスペースを与えず、相手が背中を向けている時に、

プレスプレス。前を向かせない。パス回しをプレスで封じ込めた。

徹底的に守備をさせて、相手のミスをついて、ゴール。

それが3点も獲れた。同会場、観客席囲まれているためか、自分の声がかなり響き亘るんだよね、幸い。

勝利した後、その日も、COJBの保護者も応援駈けつけて頂いたのだけど、後で一人の保護者が僕に、

「相手の保護者が、帰り際になんで無名のチームに負けちゃうのよ!!」って

愚痴をこぼしながら帰って行くのを聞いて、その保護者が気持ちよくなって報告してくれたという感じかな。

プレス、プレス、相手を自由にさせないのだから、相当のスタミナが必要だった。その根拠が徹底した走り込みだった。

戦術の練習なんて1ミリもやってない(笑)

こっちは失うものなんて何もないのだから。

ただ、相手が強いから、燃えるし、面白い。

だって、小さな、セレクションもしないクラブが、より優れが集まるクラブを破ったら面白いし、何よりメンバーの自信に繋がるでしょ。

相手が格上だから、より戦う価値があるし、燃える。

そこで、メンバーには、当然個々のレベルでは敵わないかもしれないけど、「これだけ厳しい練習を超えて来た!!」という確固たる根拠を実感していれば、ピッチでビビることはないと思ったんだ。

だから、何か武器を作って試合に臨ませたいと思ったから、心を鬼にして徹底し、2週間以上ずっとフィジコ、フィジコで徹底した。勿論、ボールも使ったけれど、フンダメントしかやらせてない。

あと、1週間。実質、月、水はオフだから、数日しかない。

何も施さないで練習させて当日を迎えたら相手のユニフォーム観ただけで、ビビッてしまうかもね。終われば二桁・・・。

絶対にそれは許せないので、心して臨んで貰う。

関連記事

  1. 【育成日記】技術なくして、戦術なし

  2. 【Jr.ユース】新規Jr.ユースメンバー募集しています!!5…

  3. 【育成日記】Feliz ano novo

  4. 【育成日記】U12,U15年代の一貫性の指導を心掛けたい

  5. 【育成日記】OBプロから学ぶもの

  6. 【育成日記】日本サッカー育成の問題点④~町クラブ編~