【Jr.ユース練習会】中学3年間でサッカーは勿論、精神面も鍛えませんか?

FCCOJBの練習会のご案内です。Jr.ユースを選択される方々に、このようなクラブもあるということで、1つの選択肢にして頂ければ幸いです。

日頃、私達は選手同様にご熱心な保護者の方々のお姿を、グランドにてU12~U18は特に拝見しております。その度に、より多くの方々とお話が出来ればと常に感じております。この案内は、ご熱心な保護者の方々に、少しでも響いて頂ければ幸いです。

FCCOJBはJr.ユース、過去には、U23のクラスの育成に携わって参りました。

その中でjr.ユースは13年間で、8名のプロ選手の誕生、U23は20名以上のプロ選手を国内外に輩出して参りました。

当クラブは、極少人数であり、特別な施設を使用しているクラブではない、小さなクラブですが、ユース即戦力、大学で活躍する選手が出ており、その流れで某高校の特待生枠(授業料全免除、準免除など)も毎年頂いている、地域でも珍しい、本格派育成Jr.ユースクラブの1つであると思います。

COJBはかつて、総勢68名で活動していた時期がありましたが、1人1人に、決して中身の濃い指導が出来ていたか?と言えば、そうではありませんでした。

目が行き届いておらず、結局、一番中学生という大切な時期に、サッカーだけをやらせていた感が強く、決して育成の理想ではありませんでした。そのような経験から、少数精鋭育成方針に切り替えたため、練習体験にご参加された際には、一見、少人数なので、「大丈夫なのかな?このクラブ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その分、1人1人に眼が行き届きます。中学生ともなりますと、サッカーの技術の向上だけという訳にはいきません。クラブの規則があります。その規則はやがて子供達が社会に出て行くための第一歩となる基盤作りの内容のものばかりです。

親が見えにくい子供の外での振舞いなどを細かく指導させて頂くこともあります。中学生、特に男子は、家庭ではあまり外で起こったことを親に話さないようですし、難しい年代であることは間違いありません。

学校、家庭以外でも、道徳的な勉強をしていく必要があると思うのです。このようなことも、メンバーとコーチが接する時間も断然増えることから、可能になる事だと思います。必要な場合、面談も実施し、一家庭につき、何時間も、何日も話し合いをする時もございます。大人数では、中々実現はできませんでした。

また、実際のサッカーでは、1人1人が1回の練習でボールに触れる回数が多いこと、中学生年代では最も大切な、より多くの試合経験が積める事、このことにより、卒団生は、高校で1年生期からAチームでチャンスを貰える機会を与えられるケースが多くなります。

また、大人数クラブのセレクションに合格を貰えなかった選手が、COJBに入団するケースが多くなりましたが、その選手達が、高校でJr.ユース時代に合格を貰えなかったクラブ出身の選手達を超えて、ポジションを獲得しているケースもあります。

選手のクオリティーが少人数で下がるどころか、逆に実力がアップしていることが判ります。港北、都筑、青葉、緑区など、地域には沢山のJr.ユースクラブが存在しており、選択されるのに、大変であると思いますが、出来るだけ、当クラブのことを知って頂くために、体験練習は10回参加されても構いません。また、練習にご参加頂いた際に、特に気になった選手には、こちらからスカウトさせて頂くこともございます。勿論、受諾の有無は、ご本人にお任せ致しております。

【直近の体験練習参加可能日】※時間はいずれも18:30~20:45分までになります。

9/15(火)、9/29(火)、9/24(木)日吉台中学校 

お問い合わせ/info@mundo-do-cojb.com 又はkonnocojb@gmail.com

まで、お待ちしております。【お名前】【所属クラブ名】【ポジション】【参加希望日】【緊急ご連絡先/雨天でグランド使用不可のご連絡などを致します】をご記入下さい

※GKの方も大歓迎です。特訓式無料特別GKトレーニングも好評につき、引き続き、募集いたします。GKの方は、ナイター練習の無い日程で、新横浜公園の練習日の参加でも大丈夫です。毎週(火)17:30~19:00までになります。

ご参加される際には、マスクの着用をお願いしております。

FCOJBの詳細は「COJB」でご検索下さい。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。宜しくお願い致します。

FCCOJB 代表 今野英一

【COJBから卒団して各カテゴリーで奮起する選手達の1部をご紹介します】

YSCC横浜所属の吉野裕太郎
海外のプロリーグで奮起する鈴木圭太
海外のプロリーグで奮起する和崎友作
法政大学で奮起する宮部大己
慶應大学で奮起する立石修也
慶應大学で奮起する山本雄士

関連記事

  1. 【育成日記】ジュニアユースの問題点(1)

  2. 【育成日記/体育館編】2週連続でプロOBが刺激をくれた

  3. 【育成日記】子供の心の成長の芽を摘んでしまう

  4. 【育成日記】小学生から学んだもの

  5. 【Jr.ユース】スカウト式練習会のご案内です。当クラブで精神…

  6. 【Jr.ユース練習及びセレクションのご案内】人として強くなれ…