【育成日記】無駄なボールタッチを減らすこと

日本の育成年代、特に、底辺レベルのこれから頑張って、レベルアップして行こうと思っている人のプレーを拝見してきて、感じるのは、
1プレー1プレーに余計なタッチが多く、レベルアップしていくのには、損をしていると思う。

ブラジルでよく、育成年代の試合を拝見しているとベンチからコーチが、余計なタッチをし、更に、小細工をしてボール損失し、チームのリズムを崩す選手がいると、

「エンフェイタ ノン!!(飾ったプレーをするな!)」と叱られていることがある。

逆を言えば、シンプルにプレーせよ!という
意味だ。

そう、確かに、日本では、必要のない場面で、
不要なプレーをする選手が昔から多い。

ゴールに最短で向かい得点を奪いにいくのがサッカーだけど、何か、曲芸的になってしまっていることがある。
これは、「魅せるサッカー」とは言わない。

プレスが速い現代サッカー、
ワンタッチ、ツータッチのボール処理が求められ る中で、無意識に無駄なタッチを増やしていることは、ステージアップした時に、かなり苦労してしまう。何故ならステージアップすればするほど、プレスは速く、判断の速さも要求されるからだ。

止めて、出すまでのロスがあればあるほど、
相手にカットされ易くなる。
また、更にランクアップすれば、そのロスで、ボールを失い、失点に繋がってしまう。

「プレーが遅い!」と周囲から言われてしまう人は、ファーストコントロールの処理と、
タッチ数を極力減らすことが大切だ。

だから、自分の指導するメンバー達には、
ショートパス、ロングパスをコントロールする時は、ファーストで、しっかりコントロールし、ツータッチ目ではしっかり味方に出せるように、伝え続けている。

大概、U12の子供達が、キックの練習しているところを拝見していても、やはり、取り敢えず止めてワンタッチ、ツータッチ目で整えて、スリータッチ目、もっと遅くなると、1回のボール処理に、4タッチ目で、ようやくパートナーにキックで戻していることがごく普通に行われている。

このような習慣は、実戦ではロスになる。

技術練習は特に練習でやらないものは、とっさには出ない。天才プレーヤー以外は。

このようなことを無意識に小学生からやっていれば、自ずとそのまま、中学生になっても、そのことが、普通だから、やはり同じことをしている。

サッカーの練習も、常に試合を想定した技術練習をしなければ、実戦での効果は半減してしまう。

同じようなレベルを相手するのならば、
それで通用してしまうが、ランクが上がれば、そのようなプレーが、遅いプレーになる。

元々、スピードに自信がない人や、小柄、
判断遅い、コントロールが苦手で、一々時間を掛けてしまう人は、特に、意識して練習しなくてはならないと思う。

あと、キック力はあるのに、キックに精度がない人も、意識して精度を上げないと、やはり、競争に勝ち残れなくなってしまう可能性がある。

キック力は、段々年齢が上がるに連れて、パワーがつけば上がるけど、精度は違う。
野球のピッチャーで、豪速球を投げれるが、コントロールが定まらないのと同じこと。

また、動いている味方に正確なボールをしっかり蹴る練習を繰り返して貰いたい。

一度止めて、後ろに下がり、キックする場面をよく、練習時に見るけど、試合で、ボールをストップさせて、後ろに下がり、ボールを蹴る場面って、GK、FK、CKぐらいだと思う。

練習はいつも、試合に遭遇する技術練習をしていかないと。また、その試合で遭遇する必要な技術とはなにか?を知る必要もあるね。

もったいない選手、沢山いるよ。

関連記事

  1. 【育成日記】テスト休み明けのカップ戦

  2. 【Jr.ユース練習会】中学3年間でサッカーは勿論、精神面も鍛…

  3. 【jr.ユース新規メンバー追加募集のご案内】部活に入る予定が…

  4. 【育成日記】誰が動き出してもいい

  5. 【育成日記】体育館練習での小学生に

  6. 【OB情報】Jr.ユース1期生和崎友作 ポルトガルで再契約合…