【最新OB情報】日本と海外でポジションを確保

国内外で活躍するOB 2選手

対 水戸ホーリーホック

宮部大己(松本山雅FC)

J2リーグ第23節
対 水戸

に、スタメンフル出場しました。
チームは惜しくも敗れてしまいましたが、相変わらず身体を張った守りで、1対1でも相手からボールを奪う強さを発揮していました。
深く身体を入れてボールを奪い、護るスタイルは、Jr.ユースで見せていたスタイルそのままを思い出します。

ヨーロッパリーグ予選にて

鈴木圭太(FKポトゴリッツァ/モンテネグロ1部)

ヨーロッパリーグの予備予選を戦い、ホーム&アウエーで延長戦の末、敗れてしまいましたが、
210分を戦い抜き、まだまだ、上のレベルでやれる手応えを感じた同選手。

宮部は、鈴木の1つ下の後輩になり、
Jr.ユース時代は一緒にプレーしていました。

ヨーロッパリーグで優勝すると、チャンピオンズリーグへの出場権を得ることが出来る
ビッグな大会です。

果てしなく難しいハードルですが、
注目度も違い、個のアピールが出来る大きなチャンスです。

国は違えど、厳しいポジション争いを勝ち抜き、
試合に出場している姿は、素晴らしい。

また、中学生からいい続けて来た夢・目標を達成して今日に至っていることは、素晴らしいことです。

後輩達も、自分を信じて、突き進んで貰いたい。

関連記事

  1. 【育成日記】育成の問題点~地域編~ジュニア、Jr.ユースで技…

  2. 【育成日記】メンタルな部分

  3. 【Jr.ユース】コロナウイルスにより、部活など活動が、困難な…

  4. 【育成日記】このような時こそ

  5. 【Jr.ユース情報】FCCOJBから、吉野に続いてJリーガー…

  6. 【遠征7日目】交流