【育成ブログ/もっと熱くならないか!!】巧い選手と良い選手の違い

サッカーって選手を評価する時、何を持って良い選手なのか?が、判りやすいようで、以外に判りにくいこともある。

巧い選手と良い選手。巧い選手は沢山いる。良い選手は、上手さはなくても、試合で、チームに貢献できる。つまり、仕事が出来る選手を指す。

育成年代、小学生と中学生。一緒に混じらせて、サッカーをすると、中学生の方が体つきは勿論大きいし、スピードもある。

しかし、1つのパスゲームをやって貰うと、
チームへの貢献度を見てみると、必ずしも、中学生が小学生を全て上回り、チームへの貢献が出来ているとは限らない。

中学生、小学生20名で、10対10のパス回しを10回同じチームで繋げる目標を立ててやる練習があり、小学生はフリータッチok、中学生は2タッチしか出来ない。

目的は限られたタッチ数だから、ボールを受ける前に、自ずと周囲の状況を確認して置かなくてはならない。

サッカーは、ボールを受ける前にあらゆる準備が必要で、その準備を育成年代、特に小学生も高学年、中学生は当然のごとく、身に付けて貰いたいと思っている。

密集しているため、判断が遅いと手詰まりになり、慌ててパスを繋げると、パスミスのオンパレードになる。

よく敵にパスを引っ掛けてしまう人、
多いけど、準備の悪さから、そのようなミスに繋がっていることが多い。

慌てるのは、何故慌てるのか?

単純に、良い準備をしてないから。

自分の所にボールが到着する前に、
ボールをずっと見つめていて、ストップした時に初めてヘッドアップすれば、それは、敵も
「こいつならばボール奪える」と、相手守備の餌食になる。

うちに所属するメンバーも、眼や言葉、身振りで、敵守備に嘘をつく、欺く術がないし、
ヘッドアップしてないから、そもそも、
眼では、敵の逆をつくことは、到底出来ない。
下を見ているからね。

慌てるのは、なぜ慌てるのか?

かなり前にもブログで書いてきたけれど、
足下ばかりに気を取られているから、周囲が把握出来ない、タッチ制限しているから、早くパスを出さなければならないと焦り、敵にパスしてしまう。

サッカー入門って、今はあまり言わなくなったと思うけれど、このような書籍に、

「パスは、しっかりボールを見て蹴りましょう!」と書かれているが、

僕に言わせて見れば、パスの得意なサッカー選手と行動とは、真逆なことを入門で伝えていると思う。

100%ボールを見ないとする必要性はないが、
ボールと、周囲を半分見ながらパスを出せる、コントロールする訓練をし、対人で、可能になれば、間違いなく、パスミスは以前より、断然減ると思う。いや、減るんだ。

準備が遅いと、サッカーだけでなく、普段の私生活でも慌てると思う。

寝坊した時に、前夜から荷物の準備が出来ていれば、寝坊したロスだけになるけど、
朝になり、準備すれば、寝坊+準備のロスになる。より慌てるよね(苦笑)

サッカーも例外ではない。

ボールが足下に到着してから、行動に移せば、慌てる。

20人いて、20人が皆、これならば、
試合は、慌ただしくなり、しっかりボールが落ち着く場所がないため、互いにミスを拾うことになってしまい、レベルアップは中々図れない。

単純に、余裕がないから慌てるんだ、
何故慌てるのか?は、準備が悪いから。

ファーストコントロールが悪いと、ボール損失に繋がってしまう。

パス回しで、眼につくのは、
スピード任せ、力任せでプレーする中学生より、所々で、しっかり守備をして、敵を自由にさせない守備をする小学生が、決して、巧いとは言えなくても、チームの貢献度からすると、高くなってしまうことが、サッカーでも、よく判る時がある。

巧くはないけれど、チームのために仕事が出来る選手。

プロの世界にも沢山いる。
巧くないのに何故かプロの選手。

チームのために、仕事が出来る選手。
地味なプレーだけど、相手の攻撃の芽を摘める選手とかね。

小学生、中学生の世界にも既にいる。

チームに取って貢献度が高い人が。

だから、何か、一緒にプレーしていて、
最初は中学生メンバーが眼に入ってしまうが、
実際にスタートすると、冷静に拝見しながら、やっていると、小学生の方が、チームに対して汗かき役として、貢献しているケースがある。

このような特徴があるのだから、
真面目に技術練習を繰り返せば、中学生になった時に、チームに欠かせない存在に変身する可能性がある。

中学生は、本当に、技術で勝負して欲しいんだよね。

もっと準備して、スペース視て、
正確にコントロールして、相手を、たった1つのトラップで、2人、3人置き去りに出来るような選手になって貰いたいものだ。

小細工は、レベルアップしたステージに行けば行くほど通用しなくなる。

育成年代で、それを身に付けば、世界は広がる。

関連記事

  1. 【選手募集】Jr.ユース新1年生追加募集します!

  2. 【遠征em波崎】2日目

  3. 【育成日記】道徳の時間

  4. 【育成日記】Jr.ユースの社会活動

  5. FC COJB 2020~2021年度 新1年生練習会及びス…

  6. 【育成日記】負け試合でも、ハートに残る試合がある